韓国

韓国に男女ペア2組で行ってきますた

投稿日:

 

2年前男女ペア2組で韓国に行ってきました。

旅行会社の移転に伴うキャンペーンですごく安いツアーに当たり行ってきました。

私と男友達は韓国になんども行ったことがあるのですが、女性2人は今回初めてということで本当に楽しみにしてくれていました。

 

韓国につき、いざホテルへ向かったのですが、さすがに安いツアーだけに一番の繁華街明洞から遠く離れた場所のホテルでした。

ホテルはビジネスホテルのようなところでしたが、まあこの値段なら許されるかなあと行った感じでした。

ホテルで少しゆっくりした後、すでにいい時間になっていたので、夜ご飯を食べに行くことになりました。

 

近くの繁華街に繰り出したのですが、ハングル語がわからない私たちはどの店がなんの店かもわからずにうろうろとしていました。

そこのジャパニーズレストランの文字が見えたので、入ったのですが、メニューの写真が見たことのない料理でした。

 

いざ注文をしようと思っても従業員は誰も日本語も英語さえもわからないので、一応食べれそうな商品を指差して注文しました。

いざ注文されたものが出てくると、これは一体なんという料理なのかと思うようなものが、実際食べて見てもかなり微妙でした。

ご飯を食べ終わった後も、言葉もわからないし遊べそうなところもなかったので、そのままホテルに帰って1日目が終わりました。

 

2日目は明洞までタクシーに乗って行きました。そこで4人共通の韓国人の友人と合流しました。

その子は留学で日本にきていた子で就職のために韓国に帰国をしていました。ここからはとにかく安心をして観光と食事ができました。何と言っても言葉がわかる韓国人がいるのはとても心強かったで。

買い物やタクシーの際もかなり交渉をしてくれるので安くすみましたし、食べ物も現地の人しか知らないような穴場を教えてもらいとても楽しいたびとなりました。

ただ残念だと思ったのは韓国の首都ソウルの一番の繁華街である明洞でもお店が段があったり、道も凸凹であったり坂が多かったりしたことです。

 

前に何回もおとづれているのですが、その時は気がつきませんでしたが、今回の旅行は1人体が弱い子がいて車椅子での移動であったため、段のあるお店に入ることができなかったり移動も大変だったりしました。

 

外へ出て改めて日本のバリアフリーは素晴らしいものだなあと感じることができました。またトイレは何度行っても慣れることはできません。

これも日本のウォシュレットの素晴らしさなどを改めて毎回感じています。

 

韓国のそういった日本人には少し苦手な部分もありますが、おしゃれな服屋であったり、かき氷なども美味しかったりといい面も沢山あります。

物価も日本に比べればやすかったりするので、この時も有名な服屋に行って私の服を何着も買ってきました。

お粥も食べたり、韓国の家庭料理のお店での食事もできたしとても楽しい旅行になりました。

 

(44歳・男性)

-韓国

Copyright© 海外旅行体験記の泉 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.