海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

インドネシア

バリ島に若い女2人で行ったが下準備が甘くて焦った

更新日:

 

私は毎年自分の誕生日に旅行をするということを決めており、22歳の誕生日にはインドネシアのバリ島へ女友達を2人で旅行をしました。

この旅行の経験は普通の経験とは違い、波乱万丈だったことを覚えています。

まず、友達の私も海外に留学をしていたので、バリ島の空港で現地集合をしました。バリ島は電車が無いので、車が必須です。

 

そこで私たちは運転手と車をチャーターし、最初に両替に連れて行ってもらいました。

当時私は台湾に住んでいたので、日本円で約10万円ほどの金額のお金をインドネシアのルピアに両替しました。

あとから気づいたことなのですが、連れて行ってもらった両替所の台湾元のレートはとても低く、3万円ほど損をしました。

 

 

そのあと近くの屋台のようなところでSIMカードを購入しましたが時間がたつと使えなくなり、交換も対応してもらえず無駄な出費をしてしまいました。

いろいろ失敗をしましたが、たのしい旅行にしようと思い、マリンスポーツを楽しみましたがそこで出会ったインドネシアの2人組と仲良くなり、彼らが私たちをバイクに乗せいろいろなところに連れて行ってくれました。

 

一緒に有名なクラブに行ったり、ビーチのレストランで一緒に食事やお酒を楽しんだり、誕生日だからと私たちが遊びからホテルに帰ったときに誕生日プレゼントとしてぬいぐるみがホテルのフロントに届けられていました。

その2人以外にも、海で出会った日本語が話せる中年男性とも仲良くなり、レストランに食事に連れて行ってもらったり、私たちの移動のために車を運転してくれたり、プレゼントにハンドクリームを買ってくれたりしました。

ただの女友達との2人の旅行だったはずなのに、新しい出会いがあり、プレゼントももらいとても不思議な旅行になりました。

ちなみに私たちは友達が酔いつぶれて携帯をなくしてしまったり、両替がうまくいかず思ったよりお金がなくて物価が高いバリ島で楽しめるか不安だったりいろいろ行き当たりばったりでした。

 

私たちは約10日間バリ島に滞在しましたが、ホテルのリッチをあまり調べず、周りにあまりお店がなかったり、移動費が思ったよりかさんだりしました。

 

バリ島で出会った優しい男性たちによりお金が無いながらも旅行を楽しむことができ良かったです。

改めてバリ島に行く時はしっかり念入りにプランを立てることをおすすめします。

そしてバリ島の人はとても優しいので機会があれば現地の人と仲良くなり、定番の旅行もいいですが、現地らしい観光をしてみてもいいかもしれません。

(22歳・女性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-インドネシア

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.