海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

アイルランド

アイルランドは観光スポットがとても豊富

投稿日:

 

昔ワーキングホリデーに行ったことのある大好きな国アイルランドに、婚約者と行きました。

これまでアイルランドを訪れたのは3回目でしたが、3泊4日の短い日数で急ぎ足の旅行になりました。

 

アイルランドへはドバイ経由で行き、ダブリン空港からエアコーチという市内まで直通の高速バスに乗って30分程で着きます。

今回必要な予約やチケットの購入は、あらかじめ旅行前に全てオンライン決済で済ませておきました。

 

市内へ着くと石畳の上を、ガラガラとスーツケースを引いて歩きます。

ホテルも予約しておきましたが、想定外だったのはセントスティーブンスグリーンという大きな公園エリアの古い地区のホテルだったため、エレベーターがなかったことでした。

4階の部屋だったので荷物を運ぶのが大変でした。

 

 

当日は市内観光をする予定でしたが、長時間のフライトと時差ボケで疲労がマックスだったため、ホテルでぐっすり眠り、夕方から散策をしました。

とりあえず向かったのはチャーチと呼ばれる教会を改装したレストランで、軽くお酒を飲んでその日は終わりました。

 

翌日は朝から起きて、北アイルランドのロンドンデリーを目指して出発です。

電車で2時間強ほどでまずベルファストへ行き、2時間ほど観光した後、バスセンターから出発します。人よりも羊が多いと言われるアイルランドの景色を車窓に眺めながらのドライブは最高です。

ロンドンデリーは城壁に囲まれた街で、かつては紛争の中心部でもあった場所です。

今は平穏な雰囲気の漂う田舎町で、ここではのんびり城壁の上から景色を眺めたり散歩したりして楽しみました。

帰りは深夜に及びそうで不安だったのですが、なんとかバスの乗り換えも問題なく無事ダブリンへ戻れました。

 

翌日は市内観光でのんびりダブリンを堪能します。ケルズの書で有名なトリニティカレッジライブラリーを見たり、グラフトンストリートでショッピングを楽しんだりと優雅な1日でした。

 

あっという間に最終日前日となり、その日は中世の古城のブラーニーキャッスルへ行くため、また朝からバスに乗り向かおうとしましたが、バス停が分かりにくく1本逃してしまい1時間待ちとなりました。

そんなトラブルもありましたが、無事お城にも着いて、キスをすると雄弁になれるという石にもキスをしたり、ランチには大きなブラーニーバーガーとアイリッシュコーヒーを飲んだりと楽しい場所でした。

 

その夜はテンプルバーのパブをはしごしてアイリッシュミュージックを楽しみました。もう少し日数があればアラン諸島へも行きたかったのですが、あっという間に帰国となりました。

観光スポットの多いアイルランドは旅行には退屈しません。

(28歳・女)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-アイルランド

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.