海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

ケニア

ケニア旅行の魅力と注意点を知っとくべし!

投稿日:

 

東アフリカのケニア共和国へ旅行に行きました。

日程は1飛行機の往復を含めて10日間で、その間に首都ナイロビの観光と、マサイマラ国立公園へ2泊3日のサファリに行きました。

時期が8月で、ナイロビは標高が高いため、朝晩の冷え込みが激しい時期でもあり、途中風邪をひいてしまいました。

 

それでも、サファリ前までには回復したため、サファリはそのまま決行しました。

サファリは現地に着いてから、現地の旅行会社を利用して行きました。

 

8月は、ケニアの南側に位置するタンザニアのセレンゲティ国立公園から、ヌーが食料を求めてケニアのマサイマラへ大移動をする時期です。

テレビで観るヌーこ大移動そのものを、目の前で肉眼で観ることができました。

何万頭にも渡るヌーの姿には圧倒されました。他、百獣の王であるライオン、象の母と子の群れや、きりん、カバ、シマウマ、アンテロープなど様々な動物を観ることができました。

サファリ中はロッジに宿泊しましたが、お湯の出るシャワーや、美味しいご飯、夜はマサイ族のショーを見たり快適でした。

 

 

ロッジは国立公園内にあったため、夜になると動物の鳴き声が聴こえてきたのが印象に残りました。

動物によっては夜行性のものもいるため、朝のサファリ、昼のサファリ、夜のサファリと三回あり、体力は必要だと感じました。また乾季であったため、空気が乾燥しているのに加えてサファリドライブ中の砂埃で、髪の毛は砂埃だらけになり、喉も痛くなったりと、普段慣れていない環境での旅行はなかなか、大変でした。

それでも、なかなか日本から容易には行くことのできないアフリカの地を踏むことができ、大変満足のいく旅行になりました。

 

ナイロビも、東アフリカで最も発展途した街であるだけあり、大きなショッピングモールや、西欧料理のレストランやカフェも数多く点在しており、サファリとはまた異なるケニアの都市部の観光も楽しかったです。

ケニアの特産物であるコーヒーやはちみつ、紅茶、マカダミアナッツなどをお土産に購入しました。とくにカシューナッツやマカダミアナッツなどのナッツ類はとても美味しく、日本へのお土産としても大変おすすめです。

 

治安は、日本と比べると良くないため、不要不急の夜間の外出などは避けるようにしていました。

多くの現金も持ち歩かないようにしました。

移動はタクシーがたくさんあるので、主にタクシーを利用しました。

スリや置き引き等も頻発していると耳にしたため、持ち物の管理等にも十分気を付けました。

(38歳、女)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-ケニア

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.