海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

中国

ブルース・リーの歴史と香港の見所

更新日:

 

普段の生活の場から違う場所に身を置いて考えることで、自分の本音の気持ちが見えてくるので、自分をみつめなおす一人旅に最適な街であり、お勧め場所として渡航予算が手頃で親日国であり治安の良い「香港」をオススメします。

現在は、中国の特別行政区(軍事と外交を除く政治、経済、法律に関する自治が認められた地区)の街で、ロンドン、ニューヨークに次いで世界で三番目の国際金融センターに位置付けされた経済都市です。

古くはポルトガルに占拠されアヘン戦争でイギリスの植民地となり、日本による軍政の歴史を持っており、1997年の4月に長く君臨してきたイギリスのユニオンジャックの旗を降ろして、中国の五星紅旗を高々と掲げて中国に返還されました。

毎年発表される「行きたい海外旅行の行き先ランキング」に必ず入っているショッピングとグルメ、そして観光の三拍子が揃った人気の都市でもあり、返還されるまでは、映画俳優で中国拳法(載拳道)の創始者“ブルース・リー”がスクリーンで活躍していたアクション映画作りが盛んな都市です。

 

中国民族に古くから伝承されてきた中国(拳法)武術のひとつで、その鍛錬においては健康法としても知られ、中国では「ゴンフー」と発音し英語では「クンフー」日本に伝わって「カンフー」と呼ばれます。

格闘の際に発声する「アチョー」と言う奇声は怪鳥音(かいちょうおん)と呼ばれています。

カンフーを世界に知らしめたのが中国武術の奥儀を身につけた武道家の「李小龍」こと“ブルース・リー”で、アメリカのテレビドラマ「グリーンホーネット」で主人公の助手カトーとして出演してから香港で人気を得てスターの座を駆け登っていきました。

 

彼が主演した映画は「ドラゴン危機一髪」から「ドラゴン怒りの鉄拳」「ドラゴンへの道」「燃えよドラゴン」「死亡遊戯」のシリーズ5作品。

「死亡遊戯」の撮影を中断して先に作られ大ヒットした「燃えよドラゴン」の公開直前に彼は謎の死を遂げ、未完の「死亡遊戯」は代役を立てて5年後に追加撮影をして完成し公開されています。

 

 

香港観光の見どころは昔と何も変わっておらず現地の人々の流暢な英語の発音は、イギリスの統治下にあったことがうかがえ、イギリス人の為の高級リゾート地「レパルスベイ」や高級住宅街の「スタンレーマーケット」に「黄大仙道教寺院」、「ビクトリアピーク」からの100万ドルの夜景は最高です。

グルメなら、アバディーン東側の湾に浮かぶ水上レストランのジャンボキングダムは宮殿を思わせる外観で魚介を中心にした伝統の名物海鮮料理を食べることができます。

 

香港に行ったら是非乗りたいのが2階建ての英国風屋根なし(オープントップ)バスで、バスの乗車システムは先払いの前載り後ろ降りが原則です。

基本的に現金払いで、九龍名物の色々な看板や洗濯物が路上に飛び出すネイザンロードを巧みにすり抜けてスリル満点の走行を楽しめます。

観光・グルメ・ショッピングの観光の三要素が今も楽しめる世界屈指の人気ナンバーワンの観光都市の香港です。

 

香港の街に来て見知らぬ人たちに囲まれた異国の街で一人自分をみつめ、自分と向き合って考えることで何かを得る。

そして、日本に帰って日常生活に戻った時に、旅立つ前の自分と違う自分がそこにいる事に気づき、有意義な時間を過ごした事を知ることでしょう。

(60歳男性)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-中国

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.