海外旅行体験談の泉

経験者が語るリアルな実情

アメリカ

米軍基地(アメリカ領土)でお泊り旅行記!

投稿日:

 

海外旅行に当てはまるかどうか分からないのですが、青森県三沢市にある米軍基地へ行く機会がありました。

日本なのですが、基本的に日本人は入ることができません。特別な場合や米軍基地で働いている人の許可を得て身分証明書を提示して初めて入ることができます。

この日本にある米軍基地というのは日本であり日本ではありません。

アメリカであり、アメリカではありません。

とても中途半端な存在なのですが、それでも今回ここへ入ることができたというのは本当に幸運だったと思います。

 

青森県三沢市に到着すると空中に戦闘機が飛ぶのをみることができます。

普段映画で見ることはあったのですが、間近でみることができたのでちょっと感動ものでした。

敷地内は鉄の柵で覆われていてゲートには機関銃を持った軍人さんが立っています。

そして身分証明書を掲示して初めて敷地内へ入ることができます。

ゲートをくぐるとそこはもう別世界でアメリカそのものでした。

ただ一つ違うのは車道が左車道ということだけです。

 

 

基地の中にはいたるところに機関銃を持った軍人さんが歩いています。基地の中には学校、銀行、郵便局、病院、大学までがあり、そこはもう一つの街になっていました。

ショッピングモールもありマクドナルド、ケンタッキー、ピザハット、スーパー、服屋、家具屋さんとなんでもありました。

日本の米軍基地には単身赴任で来る人は少なく、家族で移住してくる人達がほとんどです。

できるだけ祖国から遠く離れて国の為に働いてくれている軍人さんとその家族が不自由な思いをしないように考慮されています。

 

そして面白いのが日本円とアメリカドルの両方が使えるところでした。

各商品の値札にはドルの値段と円の値段の両方が掲示されています。

スーパにはアメリカのスーパーと同じようにひき肉、ステーキ肉、魚、野菜等があり、お菓子や加工食品もアメリカから空輸されて届けられますのでアメリカで普段食べていた物もこのスーパーでアメリカ同様調達できるのですが、その反面カップヌードル、塩ラーメン、ポッキー、ぼんち揚げ等の日本のお菓子も販売されています。

ここはアメリカと日本がミックスされた不思議な空間なのです。

肉、アメリカの製品は全てアメリカと同じ価格で販売されており、空輸料は国が負担しているそうなので価格の上乗せは一切ありませんでした。郵便局へ行って、アメリカへ手紙を送る場合はエアメール扱いではなく国内料金で発送することができるそうです。

日本であって日本でない、アメリカであってアメリカでないこんな不思議な空間米軍基地でのお泊り旅行は私にとって素晴らしい経験となるでしょう。

(35歳・女)

完全ノーリスクで旅をしながら旅費を稼ぐ”たった1つの方法”

メルマガで お伝えします。

【3大特典&シークレット特典✕3】

 

-アメリカ

Copyright© 海外旅行体験談の泉 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.